memento

audio&visual, headphone&earphone, bicycle, music, animation, book, wine...趣味領域の外部記憶装置です。 <since 10 aug 2006>

MUSICAL FIDERITY M1 DAC #1

12時間のバーンインを経て、初めての試聴を実施。

MUSICAL FIDERITYというブランドには、かつて「A1が欲しかったけど買えなかったなぁ...」という少しほろ苦い思い出があります。その後も縁がなかったのか、MUSICAL FIDERITYの音自体これまで一度も聞いたことはないのですが、今回ようやく聞けることになりました。
それだけに、ちょっとワクワクというか、胸をきゅんとさせつつ聞き始めたのですが、ARIAサントラのピアノの音を聴いてビックリ!m902のDACとは相当音が違います。


ふと、DAC64(初期型)を試聴もせずに注文し、納品されて初めて聞いた時の感動を思い出しました。DAC64の音にもビックリしたけど、このM1-DACの音も相当なものです。今使用しているWadia521の10分の1の価格のくせに、ここまでの音を出すのかぁ...。


とにかく、音の肌理が細かくてディティールが美しい点が印象的。(DAC64を思い出したのは、この印象が同じだったからですね。)


m902はどちらかというとクール寄りの音ですが、M1-DACはウォーム寄りの音のようです。Guarneri mementoを中心としたメインシステムほどの温度感はありませんが、クールよりはウォーム寄りの音の方が好きなので嬉しい結果です。


それに加えて、Edition8の音場が広がりました!基本的には左右方向ですが、奥行きも多少広がった感じ。無論DT990とかHD650程ではないのですが、M1-DAC導入前のW1000Xに近いくらいにはなったかも。


あと印象に残っているのは、低域の、しかもかなり低い音の量感が増していること。Edition8×NBS×M1-DACの相乗効果だとは思いますが、微かに聞こえるか聞こえないかというくらい低い音の鼓膜への圧力が増大しています。ヘッドフォンでここまで聞こえる(感じる)とは思いもしませんでした。


試聴は延べ2時間ほど行ったのですが(今回はROCK,POPS,JAZZ等が入ったiPodを使用したのでクラシックは未試聴)、どのジャンルの曲でもノリの良い音を奏でてくれました。とりあえずの印象としては、特に得手不得手はないように思います。クラシックについては、今日の夜試聴する予定。
また聴き始めよりも試聴最後の方が若干音が良くなっていたので、今後エージングを進めればもっと良い音になりそうな期待が大です!


とりあえず、当初の課題であった音の固さ、音の薄さは完全に解消されたので、大成功と言えそう。


エージングが進んで音が安定してきたら、ケーブル(主に電源ケーブル)の組み合わせの最適化に取り組む予定。特に今外しているMITを入れるかどうかが大きなポイントになりそうな気がします。



【番外編】
実はこの試聴中に「音が歪む」というトラブルが発生しました。常時ではなく、ごく希に発生するというトラブルです。
M1-DACおよびm902のDAC回路のいずれにおいても発生したので、DACの問題ではないというところまではわかったのですが、m902のアンプ回路に問題があるのか、ND-S1がトラブっているのか、あるいはiPodが逝かれてきたのかは今のところ不明。
切り分けの手段はあるので、少し時間をかけて追求していこうと思いますが、何とも頭が痛い問題が発生してしましました...(;.;)