memento

audio&visual, headphone&earphone, bicycle, music, animation, book, wine...趣味領域の外部記憶装置です。 <since 10 aug 2006>

Chord Sarum Speaker Cable Ohmic-Plug

お盆前の8/11にオーミックプラグへのアップグレードのためにアンダンテラルゴ(株)に発送したChord Sarum Speaker Cableは、翌週19日に戻ってきました♪

●従来の端子

●オーミックプラグ

従来の端子に比べて厚く頑丈になりました。また金メッキから銀メッキ(ダイレクトプレーティング)に変更になっています。

Guarneri Mementoにもガッチリ取り付けることができ好感が持てます。


さて肝心の音ですが、プラグを交換してから実はまだ20時間ほどしか音出ししていないため、正直オーミックプラグ本来の音になっているのかどうなのかわかりません。

そう言う意味では感想を書くには時期尚早と思うのですが、書かずに放っておくと忘れそうなので、とりあえず今の音の感想を書き留めておくことにしました。
ただエージングが進んだら印象が変わるかもしれませんのでご了承の程。

  • 高音の切れが少し良くなった感じがするのと、響きに僅かな華やかさがのっている感じがする
  • 一方で、高音自体の抜けが以前よりもやや悪い気がする(この点が、まだエージング不足だと思う理由)
  • 中音・低音の出方、サウンドステージの広さと立体感などは以前とほぼ同じように感じる

(あくまで現段階ですが)総合的には交換前とさほど変わっていないという印象です。


以前のブログにも書きましたが、まだ音楽をじっくり聴く気分になれません。それがエージングが進まない最大の原因なのですが、これから秋になって気分も変わってくると思うので、エージングがもっと進んだ段階でまた感想をアップしたいと思います。

Bianchi Infinito CV Disk:第2弾カスタマイズ(新型Ultegra Di2化)の手配

ついにシマノの新型Ultegra(8100系)Di2が発表されました!

f:id:briareos156:20210909163101j:plain

bike.shimano.com

大方の予想通り、セミワイヤレス化して12速になりました♪

Bianchi Infinito CV Diskを購入する際にUltegra Di2(電動シフト)モデルを選ばずに機械式の方を選択したのは、このワイヤレス化した新型Di2を待っていたからに他なりません。


DuraAceとは違ってUltegraの方は受注自体がまだ始まっていませんが、本日M-2に行って予約を入れてきました。

DuraAce同様、Ultegraも当初はかなり品薄になることが予想されているので、来年の春くらいに入ってきたら御の字かなと思っています。


新型Ultegra Di2化により、当初計画していたBianchi Infinito CV Diskのカスタマイズは全て完了(予定?)。

楽しみです〜♪

スイフトスポーツ:Ultra Glass Coating NE'Xのメンテナンス

スイスポ納車時に施工してもらったスズキ純正グラスコーティングNE'X(実体はスリーボンドのウルトラグラスコーティング)の撥水性が落ちてきたので、専用のメンテナンスキットでメンテしました。


NE'Xは艶5年間保証(ただし年1回のディーラー点検が必須)を謳っていて、通常は水洗い洗車だけで大丈夫。
とは言え撥水性は徐々に落ちてくるし水垢がついたりもするので、専用のメンテナンスキットが用意されています。

1月末に納車されてから水洗い洗車を3回、カーシャンプーによる洗車を1回しました。この時はまだ撥水性が残っている感じでした。
しかし今週月曜日に2回目のカーシャンプーによる洗車をしたところ、全く撥水せずに親水状態になっていたので急ぎメンテナンスをした次第。


方法は簡単。

  1. 水洗いをする(中性のカーシャンプーを使ってもよいみたい)
  2. 水垢や雨染みなどの汚れがある場合はメンテナンスキットに入っている専用クリーナーを使って落とし、水洗いする
  3. ボディに水が残った状態で、専用クロスに染みこませた専用コンディショナーを塗り広げていく
  4. 固く絞った専用クロス(コンディショナー塗布に使用したもの)で拭き上げる

水と反応して硬化するタイプなので、ボディに水滴が残ったままで施工できるのが便利。これはペルシードのドロップショット(納車後に購入したBBSのホイールに施工)と同じタイプですね。


そして今朝、ゴミ捨てに外に出ると雨が降っていました。スイスポを見てみたらこんな状態でした。

f:id:briareos156:20210908142609j:plain

f:id:briareos156:20210908142617j:plain

f:id:briareos156:20210908142624j:plain

雨が水玉になって一応撥水はしているけど、以前の撥水力に比べるとちょっと弱い感じ。7ヶ月もメンテせずに放っておいたのが良くなかったのかもしれません。

この手のコーティングは重ね掛けしても問題ないはずなので、近いうちにもう一度コーティングしようと思います。

富山庄川小矢部自転車道

先日のブログで「富山に引っ越してきて4カ所の自転車専用道(自転車・歩行者専用道路)を走ってみましたが、どの自転車道も道が狭いし、途中で車止めがあったりして走りにくく、二度と走ろうとは思いません。」と書きました。
これまで走ったことのある自転車専用道についてはその通りですが、昨日走った自転車専用道は割と気持ち良く走れたので紹介しておきます。

それは富山庄川小矢部自転車道(富山から小矢部市を結ぶ全長約59kmの自転車道)の庄川東岸沿いの区間です。

庄川沿いの車道に隣接する形で走っていて、道幅は広くはないけれど川沿いなので開放感が抜群。

夏場ということもあって行程の半分以上はこんな感じで草が道路にはみ出しており、路面もひび割れていて整備されているとは言いがたいものの、

半分弱くらいは路面がキレイで凄く走りやすかったです。

尤も、自転車専用道の左側の車道の方がもっと走りやすそうですけどね。

ちなみに平日ということもあってか、すれ違ったのは通学の自転車2台だけでした。

今回は庄川東岸を南下する方向で走ったのですが、その先は庄川を横断して西岸を走る専用道があるみたいなので、機会があれば走ってみたいです。


iPad Pro 11 inch(第3世代)の導入

我が家のメインタブレットとして君臨してきたiPad Pro 10.5 inch(2017:256GB, Wi-Fi + Cellularモデル)を買い替えました。

新たに導入したのはiPad Pro 11 inch(2021:256GB, Wi-Fi + Cellularモデル)です。

本当はもう少しメインタブレットとして頑張って欲しかったのですが、色々と不具合が出てきたため買い替えることに。
具体的には次のような不具合です。

  • Macbook ProへのバックアップをiTunesアプリ経由で行っている時には問題なかったのに、macOS Catalina(2019年10月〜)以降でFinder経由になってからは正常に認識されなくなり、Macbook Proに接続しても復元メニューしか現れなくなった。ちなみにiPad mini(第5世代)、iPad(第6世代)は正常に認識されるので、iPad Pro 10.5 inch側の問題だと思われる。
  • 昨年くらいから本体裏の下側が熱を持つようになった。再起動すると直るのだけれど、不定期に再発する。
  • 写真アプリ(5万以上の写真を保存)を一定時間以上使っていると動きがおかしくなる。アプリの再起動では直らないが本体を再起動すると直るので、恐らくメモリ(キャッシュ)の問題だと思う。
  • SafariGoogleの画像検索をする際、暫く使っていると検索窓が表示されなくなる。最初はGoogleSafariの問題だと思っていたのだが、iPad Pro 11 inchではそのような症状が出なかったので、もしかしたらiPad Pro 10.5 inch側の問題かもしれない。
  • バッテリーの持ちが悪くなってきた。使用時間にもよるけど、毎日1〜3回充電しなければならない。
  • 液晶画面に焼付(輝度ムラ)?が生じていることを最近発見。真っ白の壁紙を作成して最大輝度で数時間放置してみたけど一向に解消される気配がないので、もしかしたら焼付ではなく別の問題なのかもしれない。液晶パネルの交換も検討したが、Appleだと5万円以上、近隣のiPad修理店でも3万5千円ほどかかるので、だったら買い替えた方が...。

こんな感じで徐々に不具合が増えてきていました。
修理(液晶交換、バッテリー交換)すると結構な費用がかかるし、4年間フルで使ったし、iPad ProもM1チップになったので頃合いかなと。


スペックですが、実家に戻ってからは母の通院時の待ち時間など屋外でiPad Proを使うことが増えたためセルラーモデルが必須。
iPad Pro 10.5 inchのメモリ使用量が130GBくらいだったので、搭載メモリは10.5 inchと同じ256GBを選択。色は今回もシルバーです。

25日にアップルストアで注文し、1週間後の昨日(9/1)到着しました。


開封後直ぐに保護ガラスを貼り、起動してiPad Pro 10.5 inchの設定&データをワイヤレスで転送。Macbook Proでは正常に認識されなかったのでちゃんと転送できるかどうか心配でしたが、それは杞憂でした。
転送後に調べてみたところ、5万枚以上の画像を含め全て正常に転送されていました♪

次にIIJmioの構成プロファイルをインストールし、10.5 inchのnanoSIMを11 inchに移植してセットアップ完了。
念のためMacbook Proにつないでバックアップを作成。


その後、10.5 inchを工場出荷状態にリセットし、先ほどとは逆に11 inchの方から10.5 inchに設定&データを転送。
転送終了後にMacbook Proにつないでみたところ、今度は正常に認識されました。と言うことは10.5 inchはシステムかデータ構造が壊れていたようです。

流石に液晶の焼付はそのままだったけど、熱の問題、メモリキャッシュ、Google検索窓が消える問題がどうなるか経過観察してみる予定。
解消されていたらラッキー♪ くらいの期待感ですが、新しいiPad Proを導入したとは言えサブ機として使いたいですからね。


★ESRの保護ガラスは貼り付け用ガイド枠が同梱されているため失敗する確率が低いです。うちの5台のiPad/iPhoneは全てESRの保護ガラス(ガイド枠同梱タイプ)を使用しています♪


★いつも使用している薄型でPC(ポリカーボネート)製の安いのがなかったので試しにこれにしてみましたが、背面のプラ板〜商品タイトルではPCとなっていて、商品説明ではアクリル板と書いてあるけど、実物をさわった感じではただのプラ板としか思えない〜に細かい傷が沢山ついてました(片面は保護ビニールが貼ってあって無傷だけどもう片面が傷だらけ)。
一方、TPU製のバンパー部はスピーカー&マイク穴位置や音量ボタンカバー位置の精度が高く、ボタンの動きも悪くありません。このバンパー部だけは良い出来だと思うけど、製品全体としてはお薦めしません。
(まだ届いてないけど)結局PC製のやつを買い直したのでケチらずに最初からPC製にしておけば良かったです。

Bianchi Infinito CV Disk:Garmin Edge830の導入と70kmライド

Bianchi Infinito CV Disk 第1段階カスタマイズの最後はサイクルコンピューターの新調です。(BB交換が最後のつもりだったけど予定変更)

富山に引っ越す際、WAHOO Element Boltを紛失してしまったために暫定的に中華製のCYCPLUS M1を導入しましたが、CYCPLUS M1は基本的なセンサー指標(速度、ケイデンス、心拍、パワー)や走行データ(時間、距離、傾度他)を表示する分には全く不満は無いものの、マップ表示とナビ、そしてトレーニング系のメニューは搭載していないため、今後のことを考えてGarmin Edge830を導入しました。
これまではiPhoneでマップ表示をしていたのですが、iPhoneのバッテリー消耗があまりに速いのでマップとナビはサイコンに任せようと...。

本当は新型のElement Boltの方が安くて良かったんだけど、どこの店(オンラインショップ)も在庫切れだったため、仕方なくGarminにしました。
Edge530ではなく830を選んだ理由は、830はタッチスクリーンなので使いやすいというレビューを見たから。ボタン操作に慣れてしまえば機能的には同じなんだけど、走りながらの操作ということを考えると直感的でわかりやすい方が良いかなと...。

ちなみに530は本体だけ買えるのですが、830はセンサーバンドル版しかないので速度/ケイデンス/心拍センサーも結果的には新調することになりました。

センサーバンドル版は3つのセンサーが予めペアリングされているとのことだったのですが、速度センサーだけ認識されません。付属の電池切れかと思って新品の電池に替えてみてもダメ。
色々試行錯誤した結果、本体に表示されている速度センサーのIDとバンドルされていた速度センサーのIDが違っていることがわかり、一旦削除して再度ペアリングし直したらあっけなく認識されました。


導入後3回使用した感想は、起動スピードはWAHOOより速いし、タッチ反応もまあまあ速いので使い勝手は悪くないかな。マップやナビも(iPhoneGoogle Mapほどではないにせよ)それなりに使えます。

またナビゲーション時に使用できるClimbPro(ヒルクライム時に頂上までの距離、残りの平均勾配、勾配変化グラフが表示される)というメニューは、ヒルクライムが超苦手な私にとってはとても有り難い機能で、これがあるだけでもGarminにして良かったなと思いました。

ただパワーメーターがあるともっと便利になる(色々な指標が測定できる)ようなので、Speedplayのペダル一体型パワーメーターが発売されたら(夏頃発売という話だったんだけどまだ発売されていない)導入しようかなと考えています。


まあそれはそれとして、Infinitoの第1段階カスタマイズとして予定していたメニューは全て完了したので、その記念というわけでもないのだけれど、普段よりも長目のライドに挑戦してみました。と言っても70kmなんですが、私にとってはこれまでの最長ライドです。

目的地は富山市岩瀬を起点として朝日町まで続く全長65kmのしんきろう自転車道の入口付近。いずれ朝日町まで走ってみたいとは思うけど、とりあえずは常願寺川河口の今川橋あたりが今回の目的地です。海岸沿いを走るサイクリングロードらしいので一度行ってみたいと思ってました。


神通川河口の公園。ここから少し走るとしんきろう自転車道の入口があります。


入口から少し走った辺り。左手の松並木の向こうに海があります。


もう暫く走ると松並木が切れて海が見えてきました。


常願寺川河口にある浜黒崎キャンプ場付近の堤防。キャンプ場までの2km弱ほどはサイクリング道の左右に植えてある松並木に挟まれた道になっていて、日差しは遮られて薄暗いし、枯れた松葉や枝が道路に積もっていて正直走りにくかったです。浜黒崎以降も松並木の間を走るみたいだったので今回はここで折り返しました。


帰路は走りにくい自転車道を避け、海岸堤防沿いの道(車は通れない)を走行。右手には富山湾が開け、道は自転車道よりも広いコンクリートで、海岸線につきものの浮き砂もほとんど無く、とても気持ち良く走れました♪
しんきろう自転車道の今回走った区間は二度と走らないと思うけど、この海岸沿いの道はぜひともまた走りに来たいです!

ちなみに富山に引っ越してきて4カ所の自転車専用道(自転車・歩行者専用道路)を走ってみましたが、どの自転車道も道が狭いし、途中で車止めがあったりして走りにくく、二度と走ろうとは思いません。
自転車専用道(一般車道でサイクルロード指定がされている道ではありません。あくまで専用道路の方です)を走るくらいなら、農道や海岸・河岸堤防の方が圧倒的に走りやすくて比較にならないくらい気持ちいいし、そうでなければ普通の市道・県道を走る方がよほど走りやすいです。

東京にいた時によく走っていた荒川サイクリングロードは広くて走りやすくて気持ち良かったけど、多分あそこは特別なんだなと思いました。

Bianchi Infinito CV Disk:BBをシマノ製からWishboneに交換

Infinitoカスタム計画第1弾の最後はBB(ボトムブラケット)の交換です。

M-2さんにお願いしていたWishbone BB86-SHが届いたとの連絡が昨日夕方にあったので、本日交換してもらいました。

corridore.co.jp


当初は自分で交換するつもりだったんだけど、プレスフィット型BB(純正でついているシマノ製)を外すための工具(2,000円弱の一番安いやつ)がAmazonで在庫切れになっていて最安でも4,000円台の工具しかありません。
そこでM-2さんに工賃を聞いてみたら4,000円だったのでM-2さんにお願いしたという次第。

WishboneのBB86-SHはねじ込み一体型で、手持ちのシマノ用のBB専用工具で取外/取付ができます。
もし今後BBを交換することがあったとしても多分プレスフィット型にはしないと思うので、プレスフィット型BB取外/取付専用工具を買っても2度と使うことはありません。
だったら、同じお金を使うのであれば今後のことを考えてM-2さんにお願いした方が良いという判断です。

ちなみにWishboneのBBはセラミックベアリングを使っていてシマノのホローテックBBよりも回転抵抗が小さく、剛性アップも期待できます。


現在小雨が降っているので明日試走する予定。

そもそも自己満足を満たすために導入したものだし、BB交換だけでペダリングが劇的に変わるなんてさらさら思ってないけど、多少なりとも違いがわかったら嬉しいなと期待しています♪


【8/23追記】
土曜日に50km程走ってみました。スプロケット&ディレーラー周りの回転抵抗の方が大きくて全然違いがわかりませんでした...(^_^;
でもTernの時から一度使ってみたいと思っていたBBなので、念願叶って満足しています♪