memento

audio&visual, headphone&earphone, bicycle, music, animation, book, wine...趣味領域の外部記憶装置です。 <since 10 aug 2006>

PL-Lのヒューズ交換 #2

先週月曜日にIsoClean Powerのヒューズが届いたので、帰宅後直ぐに交換作業を実施。




テスターで調べたところ、PL-Lのヒューズホルダーは下がCold(Neutral)で上がHot(Live)となっていました。
ご存知の方も多いと思いますがIsoClean Powerのヒューズには方向性(矢印マーク)が印刷されているのですが、機器(ヒューズホルダー)への装着方向については何も書いてありません。


実はつい先日までこの矢印は「ゼロ(Neutral)からプラス(Live)への向き」と思い込んでたんです。故に、かつて使用していたUX-1も今使用しているP10も、この向きで装着しました。でも今考えてみるとこれって数学的な認識(数が小さい方から大きい方への向き、いわゆる昇順方向)ですね。


で、先日MA1 DACのヒューズを交換する際、「もしかして電気的にはLiveからNeutralの向きに矢印を合わせる方が正しいんじゃないか」と気づき、その方向で装着しました。
なので今回のPL-Lも、矢印が上(Live)から下(Neutral)に向く方向でヒューズを装着。


ということはP10のヒューズは逆向きですね。でもP10のヒューズを入れ変えるにはAVラックを引き出し、YSP-2200のウーファーをラック内からどけ、そこに頭を突っ込んで作業をしなければなりません。これってかなり面倒だし、別に音が悪いとも思わないので「とりあえずこのままでいいか」と、放置しておくことにしました。そのうち機会があれば(例えばBDレコーダーを買い替えて配線をし直す際とか)その時にやることにします。


それから毎日3〜4時間ほど使いながら(CDやTVの音を聴きながら)延べ30時間くらい通電し土曜日の夕方に試聴したのですが、音の粒立ち感は良くなっているものの、全体的にはどうもピンと来ません。
ヒューズ交換直後から感じていた「少しヌケが悪く、音も固まった感じ」があまり解消されないのです。良く言えば密度感がある音とも言えなくはありませんが、総合的にあまり良くなっていない感じ。


そこで日曜日にPL-Lのヒューズを逆向きに装着し直し、あらためて聴いてみたところ、ヌケの悪さや音が固まった感じが解消され、気持ちの良い音に変化。音の粒立ち感もちゃんとあります。つまり、こちらの方が正しい(私好みの)方向のようです。


ということは、UX-1もP10も実は私好みの方向でヒューズを装着していたわけで、逆にMA1 DACが間違ってたってことかぁ...(^_^;


MA1 DACのヒューズを替えた時は悪くなった感じはしなかった(むしろ良くなったと感じた)ので、このままでも良いかなぁとも思うのですが、精神衛生的には気持ち悪いので、今度の週末にヒューズを逆向きにしてみることにします。今の音が悪くないだけに不安はありますが...。


果たして音は良くなるでしょうか、あるいは悪くなるでしょうか?